革命詐欺

侵略戦争に化けた辛亥革命革命家孫文は稀代の詐欺師であり、辛亥革命は壮大なペテンだった!? 満州事変、日中戦争、太平洋戦争と続く東アジア全域を巻き込む未曾有の戦乱を招いた元凶もこの辛亥革命のペテンにあったーー目からウロコの歴史の真実を大人から子供まで誰にでもわかるよう漫画形式で解説したユニークな歴史学習漫画。続きをみる…
紹介革命詐欺の続きを読む

捏造された南京虐殺説の裏には誰がいたのか?

安全区を牛耳っていた米人宣教師たちが蒋介石とつながっていたのなら中共ともつながっていた可能性も否定できないだろう。当時の南京には中共の出先機関である八路軍駐京弁事処があったからである。https://propagandawar.info/archives/8131また国民党が雇用したUP通信カメラマンのアール・リーフは延安で毛沢東と面会している。そこには少なくとも国民党ーー米国プロテスタント教会ー…
紹介捏造された南京虐殺説の裏には誰がいたのか?の続きを読む

南京大虐殺直後の南京は多くの商店で賑わっていた

1938年2月末の南京市が多くの商店で賑わっていたという報告。はて、当時は人口以上(笑)の人が殺された直後だったわけでいまだ死臭漂う無人の街だったのでは???二月末日現在に於ける(引用者注:難民区からの)復帰者数は、(第一区〜第五区)計一七二,五〇二にして、各区とも主要街路に小売店櫛比し、殷盛を極めつつある」(一九三八年二月末 特務機関報告二月中状況)『一次資料が明かす南京事件の真実』(展転社・池…
紹介南京大虐殺直後の南京は多くの商店で賑わっていたの続きを読む

「南京虐殺」捏造の裏にいたのは米人宣教師だった!

米人宣教師たちは裏で蒋介石(プロテスタント信者)を支援する目的で南京安全区を設立した。南京陥落後、日本軍は安全区の解散を要請するも区側はこれを拒否。以後、米人宣教師は区の存続を正当化するため様々な「南京事件」をでっち上げたーー。『一次資料が明かす南京事件の真実』(池田悠/展転社)は、プロテスタントである蒋介石と米人宣教師の共謀関係という従来にない切り口から南京事件論争に新たな視点を提供しています。…
紹介「南京虐殺」捏造の裏にいたのは米人宣教師だった!の続きを読む

スペイン、ポルトガル、オランダ、英…

スペイン、ポルトガル、オランダ、英国、フランスによる海の帝国主義がひと段落した後に始まった陸の帝国主義。ロシアによる東漸とアメリカによる西漸ーー。太平洋をはさんで対峙する両者が東アジアでぶつかるのは必然であった。歴史の歪みは東アジアに集中した。 続きをみる…
紹介スペイン、ポルトガル、オランダ、英…の続きを読む

ロシアが提示した朝鮮二分論

義和団事件の後、清朝はいっそう弱体化した。当時、混乱に乗じて満州への居座りを決め込んでいたロシアは待っていたかのように朝鮮二分論を日本側に提示した。一部では親ロシア派の伊藤博文がこれに同意したという情報が流れた。仮にそれが実現していたなら、それは第二次世界大戦後、朝鮮北部を支配下に置いたソ連および南部を支配下に置いた米国による分断と同じ構図である。朝鮮半島分断の危機はなにも第二次世界大戦後だけでは…
紹介ロシアが提示した朝鮮二分論の続きを読む

南進論と北進論

南進論と北進論。列強による帝国主義に日本がいかに対抗するかという視点から生まれた思潮で、いずれも幕末の攘夷運動に起源をもつ。日清戦争後の台湾領有を機に南進論が一時もてはやされたことがあるが、日露戦争前後からはロシア帝国およびソ連への脅威から北進論が主流となり、やがて満州国建国として結実した。その後、大東亜戦争が始まると南進論が再び浮上、マラヤおよび蘭印占領、すなわち英蘭帝国主義の排除として結実した…
紹介南進論と北進論の続きを読む

中国とロシアは近代史における厄介者…

中国とロシアは近代史における厄介者だ。東では日本が、西ではドイツがその火の粉を防ごうとして大火傷をした。何の防衛手段もとらなかった朝鮮とポーランドは亡国の憂き目にあった。今現在、日独を非難してやまない米と英が仮にそれぞれ日独の立場にあったなら同じ行動をとらざるをえなかっただろう。 続きをみる…
紹介中国とロシアは近代史における厄介者…の続きを読む

尼港事件も日本軍のせい?

尼港事件における虐殺は、武器の引き渡しを拒んだ日本軍が停戦協定を破って奇襲攻撃をかけたために引き起こされたものだ、などとどういうわけかどこまでも赤軍の肩を持つこの御仁も救い難い自虐史観脳のようだ。https://30932531.at.webry.info/201108/article_11.html続きをみる…
紹介尼港事件も日本軍のせい?の続きを読む