スペイン、ポルトガル、オランダ、英…

スペイン、ポルトガル、オランダ、英国、フランスによる海の帝国主義がひと段落した後に始まった陸の帝国主義。ロシアによる東漸とアメリカによる西漸ーー。太平洋をはさんで対峙する両者が東アジアでぶつかるのは必然であった。歴史の歪みは東アジアに集中した。 続きをみる…
紹介スペイン、ポルトガル、オランダ、英…の続きを読む

ロシアが提示した朝鮮二分論

義和団事件の後、清朝はいっそう弱体化した。当時、混乱に乗じて満州への居座りを決め込んでいたロシアは待っていたかのように朝鮮二分論を日本側に提示した。一部では親ロシア派の伊藤博文がこれに同意したという情報が流れた。仮にそれが実現していたなら、それは第二次世界大戦後、朝鮮北部を支配下に置いたソ連および南部を支配下に置いた米国による分断と同じ構図である。朝鮮半島分断の危機はなにも第二次世界大戦後だけでは…
紹介ロシアが提示した朝鮮二分論の続きを読む

南進論と北進論

南進論と北進論。列強による帝国主義に日本がいかに対抗するかという視点から生まれた思潮で、いずれも幕末の攘夷運動に起源をもつ。日清戦争後の台湾領有を機に南進論が一時もてはやされたことがあるが、日露戦争前後からはロシア帝国およびソ連への脅威から北進論が主流となり、やがて満州国建国として結実した。その後、大東亜戦争が始まると南進論が再び浮上、マラヤおよび蘭印占領、すなわち英蘭帝国主義の排除として結実した…
紹介南進論と北進論の続きを読む

中国とロシアは近代史における厄介者…

中国とロシアは近代史における厄介者だ。東では日本が、西ではドイツがその火の粉を防ごうとして大火傷をした。何の防衛手段もとらなかった朝鮮とポーランドは亡国の憂き目にあった。今現在、日独を非難してやまない米と英が仮にそれぞれ日独の立場にあったなら同じ行動をとらざるをえなかっただろう。 続きをみる…
紹介中国とロシアは近代史における厄介者…の続きを読む

尼港事件も日本軍のせい?

尼港事件における虐殺は、武器の引き渡しを拒んだ日本軍が停戦協定を破って奇襲攻撃をかけたために引き起こされたものだ、などとどういうわけかどこまでも赤軍の肩を持つこの御仁も救い難い自虐史観脳のようだ。https://30932531.at.webry.info/201108/article_11.html続きをみる…
紹介尼港事件も日本軍のせい?の続きを読む

大東亜戦争は、日中ソ米英が複雑な利…

大東亜戦争は、日中ソ米英が複雑な利害関係の下で戦った世界大戦である。日本と中国、もしくは日本と米国二カ国だけの戦争ではない。なのにソ連をはじめ第三国の動きを無視し、「日中戦争」「太平洋戦争」と称して二国間だけの対立であるかのようにいうから因果関係がわからなくなる。(続く) 続きをみる…
紹介大東亜戦争は、日中ソ米英が複雑な利…の続きを読む

袁世凱による帝政復古宣言を受け、日…

袁世凱による帝政復古宣言を受け、日本政府は急遽、宗社党による満蒙独立運動を支援することを決めた。日本政府も帝政復古は時代に逆行するという考えだったが、仮にそうなるなら支那本土は漢民族が、満州は満州族が治めるのが一番だと考えたからである。かくして第二次満蒙独運動が始まった。 続きをみる…
紹介袁世凱による帝政復古宣言を受け、日…の続きを読む

南京虐殺がどうのというけど、正直中…

南京虐殺がどうのというけど、正直中国兵と戦ってブチ切れない方が難しいと思う。実際、阿片戦争時の鎮江虐殺、義和団事件(時の北京破壊)や黒龍江事件など外国軍による虐殺事件の例は少なくない。勿論中国軍による自国民虐殺なぞ平常運転だ。要するに虐殺を生む原因は中国自身にあるということだ。 続きをみる…
紹介南京虐殺がどうのというけど、正直中…の続きを読む