海外「日本よ、すまんな…」 フロリダ州が東京五輪の代替開催に立候補し現地は大荒れ

thumbnail image日本が東京オリンピックの開催を断念する可能性がある、という報道を複数の海外メディアが近頃行っている中で、米フロリダ州のジミー・パトロニス最高財務責任者(CFO)は25日、2021年のオリンピックをフロリダ州で開催するよう、自身のツイッターでアピールを開始しました。パトロニス氏はさらに、「五輪開催地を東京からフロリダに変更する事を検討するよう勧告します」という内容の、IOCのバッハ会長に宛てた書簡を…
紹介海外「日本よ、すまんな…」 フロリダ州が東京五輪の代替開催に立候補し現地は大荒れの続きを読む

海外「島国ばかりじゃないか」 日本や台湾のワクチンとの向き合い方に羨望と称賛の声

thumbnail image経済正常化の切り札とされる、新型コロナワクチンの接種。昨年12月上旬に始まったイギリスを皮切りに、すでに世界58カ国・地域で実施されています。国別のワクチン確保数で、日本は米英に次いで世界3位ですが、実際に接種が開始されるのは2月下旬と見られています。他の主要国などと比べると接種の開始が遅いのですが、英ガーディアン紙は、同様に接種開始を”遅らせている”国として、日本の他にオーストラリア、ニュージー…
紹介海外「島国ばかりじゃないか」 日本や台湾のワクチンとの向き合い方に羨望と称賛の声の続きを読む

海外「日本はいい加減にしろw」 日本が魔改造したアメコミ公認作品が斜め上すぎると話題に

thumbnail imageDCコミックスが出版するアメリカンコミック、「バットマン」に登場するダークヒーロー「ジョーカー」。本来は1話限りで命を落とす予定でしたが、編集上の都合でそれは免れ、以来80年間、解釈あるいはバージョンを変えながら、バットマン最大の敵として君臨し続けています。そんなジョーカーを主人公とした漫画作品「ワンオペJOKER」が、青年漫画誌「モーニング」で、2021年6号から連載が始まりました。事故で赤ん坊…
紹介海外「日本はいい加減にしろw」 日本が魔改造したアメコミ公認作品が斜め上すぎると話題にの続きを読む

海外「日本人に笑われるぞ!」 英名門大学が日本の『三猿』を差別的と判断し炎上

thumbnail image3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠す意匠の「三猿」。「見ざる、言わざる、聞かざる」という、叡智の3つの秘密を示しているとされています。特に日光東照宮の三猿像がよく知られていますが、この像は明治時代になると海外にも紹介され、現在では世界的に最も有名な三猿の1つになっています。そして現在、イギリスの名門・ヨーク大学が取った、「三猿」に関連する対応が現地で大きな波紋を呼んでいます。ヨーク大学内、身体…
紹介海外「日本人に笑われるぞ!」 英名門大学が日本の『三猿』を差別的と判断し炎上の続きを読む

海外「アニメの影響力は凄いな…」 ロシアが日本のアニメを危険視し配信禁止に

thumbnail imageロシア・サンクトペテルブルクの裁判所は20日、「デスノート」、「東京喰種」、「いぬやしき」など、日本の一部のアニメに関して、作品に含まれる過激なシーンが、視聴する若者などに悪影響を与えるとして、ロシア国内での配信や放映を禁じる決定を出しました。なお、上記の作品の他に、「ナルト」、「エルフェンリート」、「残響のテロル」などに対しても、配信禁止を求める訴えが起きています。この件を伝える記事などには、他…
紹介海外「アニメの影響力は凄いな…」 ロシアが日本のアニメを危険視し配信禁止にの続きを読む

海外「これが武士道の精神か」 倒壊した対馬の大鳥居が侍ゲームファンの支援で再建へ

thumbnail image神武天皇の祖父である彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と、古事記に登場する海神の娘・豊玉姫(とよたまひめ)を祭る、長崎県対馬市豊玉町の和多都美(わたづみ)神社。対馬を舞台にしたゲーム「ゴースト・オブ・ツシマ 」の影響で、さらにその存在が広く知られるようになったこの神社ですが、昨年9月、町のシンボルの1つでもある「一の鳥居」が、台風10号の影響で倒壊する悲劇に見舞われてしまいました。和多都美神社は…
紹介海外「これが武士道の精神か」 倒壊した対馬の大鳥居が侍ゲームファンの支援で再建への続きを読む

海外「犯罪の匂いが全くしない」 日本最大の繁華街の光景に衝撃を受ける海外の人々

thumbnail image飲食店や遊技施設などが集中する、アジア最大級の歓楽街・歌舞伎町。明治の初期頃まで大部分が湿地帯で、絶好の鴨場となっていました。明治の中頃には淀橋浄水場建設に伴い、鴨場の池が埋め立てられ、大臣や軍人の邸宅もある閑静な山の手の住宅街に変貌します。しかし1945年、東京大空襲により一帯は焼け野原に。戦後、現在の歌舞伎町一番街付近に歌舞伎座を建設し、これを中心に芸能施設を集めるという復興事業案が纏められま…
紹介海外「犯罪の匂いが全くしない」 日本最大の繁華街の光景に衝撃を受ける海外の人々の続きを読む

海外「日本では人種は関係ない!」 日本初の黒人アニメ会社が製作した作品が凄いと話題に

thumbnail image米国人アニメーターのヘンリー・サロウさん、そしてアーセル・アイソムさんとダーネルさんの双子の兄弟が、2016年に東京で設立したアニメスタジオ、「D’ART Shtajio」。以前にも取り上げましたが、日本初の黒人経営者のアニメスタジオで、「銀魂」や「七つの大罪」などの作品の制作にも携わっています。そして昨年7月には、グラミー賞を3回受賞している、「ザ・ウィークエンド」の楽曲のアニメーション版MVを…
紹介海外「日本では人種は関係ない!」 日本初の黒人アニメ会社が製作した作品が凄いと話題にの続きを読む

海外「そういう事だったのか!」 英誌『日本人の長寿は欧米の食文化のおかげである』

thumbnail image厚生労働省によると、2019年の日本人の平均寿命は、女性が87.45歳、男性が81.41歳となり、女性は7年連続、男性は8年連続で過去最高を更新しました。1989年には女性が81.77歳、男性が75.91歳だったので、この30年で、それぞれ5年以上寿命が延びている事になります。英誌「エコノミスト」は、そんな長寿大国の日本に着目し、成功の鍵の1つとして、日々の食事が欧米化した事を指摘しています。記事…
紹介海外「そういう事だったのか!」 英誌『日本人の長寿は欧米の食文化のおかげである』の続きを読む

海外「洗練された人ばかりだ…」 60年前の日本の満員電車の光景に外国人が衝撃

thumbnail image1872年10月14日(明治5年9月12日)に初めて、新橋駅 – 横浜駅間で正式開業した日本の鉄道。開業翌年の1873年の営業状況は、乗客が1日平均4347人、年間収入は旅客収入42万円プラス貨物収入2万円の計43万円で、直接経費の23万円を引くと、21万円の利益となっていました。1907年(明治40)にはレールが国産化され、さらに1911年(明治44)には国産標準機が完成。1930年代にはD51…
紹介海外「洗練された人ばかりだ…」 60年前の日本の満員電車の光景に外国人が衝撃の続きを読む

海外「日本とは生活水準が違うのに」『日本よりマシ』発言のスペイン環境大臣が大炎上

thumbnail image今月8日から数日間にわたり大寒波に見舞われ、国内の多くの都市が雪で覆われたスペイン。首都マドリードでは1971年以来の大雪となり、車の立ち往生が相次ぐなど、様々なトラブルを引き起こしました(一方で子供達は大喜びで、各地で雪合戦の光景が)。その影響もあり、スペインでは電気代が高騰しており、現地紙の報道によると、短期間で27%も値上がりしているそうです。対策が遅い政府に国民からは大きな反発が起きている…
紹介海外「日本とは生活水準が違うのに」『日本よりマシ』発言のスペイン環境大臣が大炎上の続きを読む

海外「日本のおかげで今がある」 日本の外務大臣による異例の訪問にケニアから感謝の嵐

thumbnail image現在、メキシコ・ウルグアイ・アルゼンチン・パラグアイ・ブラジル・セネガル・ケニアの、中南米およびアフリカ7か国を歴訪している茂木外務大臣。新型コロナウイルスが再拡大する局面での外国訪問に、当初政府や与党内でも慎重論がありました。しかし大規模なインフラ投資や貿易を通じてアフリカへの関与を強め、さらに台湾と外交関係を結ぶ国が多い中南米で、分断工作を活発化させている中国を牽制し、「自由で開かれたインド太…
紹介海外「日本のおかげで今がある」 日本の外務大臣による異例の訪問にケニアから感謝の嵐の続きを読む

海外「日本が日本じゃなくなる…」 英誌『暮らしやすい日本でムスリムが急増中』

thumbnail image今回は、英エコノミスト誌がこの一週間で4回ほど投稿している、日本で「急増」するイスラム教徒にスポットを当てた記事からです。記事では、日本のイスラム教徒の数は他国と比べると少ないながらも、2010年には11万人だったのが、2019年末には23万人と、過去10年間で2倍以上になっている事が紹介されています。なおそのうち半数は、日本人の改宗者だったそうです。また、日本国内には110以上のモスクが存在して…
紹介海外「日本が日本じゃなくなる…」 英誌『暮らしやすい日本でムスリムが急増中』の続きを読む

海外「日本文化と関係があるの?」 ジブリ映画のとあるシーンが欧米人には難解だと話題に

thumbnail image1987年に「週刊明星」に掲載された漫画を原作とし、1991年に映画化されたジブリ作品「おもひでぽろぽろ」。東京で生まれ育ち、田舎に憧れがあった主人公の岡島タエ子(27)が、1982年の夏、山形にある姉の夫の親類の家に10日間滞在し、小学5年生だった頃の自分を振り返る物語です。他のジブリ作品同様、海外でも人気のこの作品ですが、靴を履かずに外に出た子供の頃のタエ子が父親に頬を叩かれる場面が、特に欧米…
紹介海外「日本文化と関係があるの?」 ジブリ映画のとあるシーンが欧米人には難解だと話題にの続きを読む

海外「日本が雪国だったとは!」 日本の尋常じゃない降雪量に外国人が衝撃

thumbnail image日本海側を中心に発生している記録的な大雪ですが、気象庁によると、原因の1つと考えられているのは、帯状の雪雲が狭い範囲に入り込んでくる、「日本海寒帯気団収束帯」という現象で、今後1ヶ月は雪が降りやすい状態が続くとみられています。少なくとも8名の方が犠牲になった今回の大雪をBBCなども報道。日本は世界の豪雪都市ランキンでトップ3を独占するなど(1位:青森市 2位:札幌市 3位:富山市 8位:秋田市)、…
紹介海外「日本が雪国だったとは!」 日本の尋常じゃない降雪量に外国人が衝撃の続きを読む