植物がリング状に生え広がる「フェアリーサークル」が形成される仕組みとは?

オーストラリアの荒野では、イネ科の植物であるツケイゲがリング状に生え広がる「フェアリーサークル」と呼ばれる現象が観察できます。このフェアリーサークルが形成される原因は長年謎に包まれていましたが、新たな研究によってフェアリーサークルの形成に微生物が関わっている可能性が浮上しています。続きを読む……
紹介植物がリング状に生え広がる「フェアリーサークル」が形成される仕組みとは?の続きを読む

「新型コロナワクチンの接種後に報告される奇妙な血栓症」に対する専門家の意見は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを抑えるためには世界中の人々がワクチンを接種する必要があり、一部の国では本格的に国民へのワクチン接種が進められています。ところが、「アストラゼネカ製のワクチンを接種した後に血栓ができる」という副作用が疑われており、研究者らはワクチンと血栓の関連性について調査を進めています。続きを読む……
紹介「新型コロナワクチンの接種後に報告される奇妙な血栓症」に対する専門家の意見は?の続きを読む

「Zoom疲れ」に陥りやすいのは女性という研究結果

新型コロナウイルスのパンデミックによりリモート授業や在宅勤務が増加し、Zoomのようなビデオ会議ツールの需要が急増していますが、日本だけでなく世界中で「Zoom疲れ」という言葉もささやかれるようになってきました。そんなZoom疲れに陥りやすいのは、男性よりも女性であるという研究結果が発表されています。続きを読む……
紹介「Zoom疲れ」に陥りやすいのは女性という研究結果の続きを読む

スマホを使って宇宙規模の現象「太陽嵐」を検出することが可能

太陽で大規模な太陽フレアという爆発現象が発生した時に電磁波・粒子線・粒子といったものが地球に降り注ぐことを太陽嵐といいます。太陽嵐は地球の磁場を乱す磁気嵐を発生させ、人々の生活に混乱を生じさせることが指摘されていますが、新たな研究によって一般的なスマートフォンがこの磁気嵐・太陽嵐を検出できることが示されました。一般の人々が自分のスマートフォンを使って科学研究に参加することで、これらの混乱を防げる可…
紹介スマホを使って宇宙規模の現象「太陽嵐」を検出することが可能の続きを読む

地球全土の天体観測に人工衛星の生み出す「光害」が影響を与えていると判明

かつては夜空を見上げれば無数の美しい星々を眺めることができましたが、近年では家庭や会社、工場、街灯などの光害によって、肉眼で星を確認するのは難しくなっています。光害の影響は人工物が存在しない地域で減少するため、「田舎では星がきれいに見える」という声がよく聞こえてきますが、人類が打ち上げたスペースデブリや人工衛星からの光害なしに星を観測できる地域はもはや地球上に残されていないという研究結果が新たに発…
紹介地球全土の天体観測に人工衛星の生み出す「光害」が影響を与えていると判明の続きを読む

アルファベットの「ミッシングリンク」を解き明かす古代の碑文が発見される

アルファベットは、ラテン文字やギリシア文字のように、母音や子音を1文字で表す文字体系です。そんなアルファベットのうち、最も古いものは紀元前1900年頃にエジプトで使われ始めたと考えられていますが、新たに、アルファベットの変遷を明かす手がかりとなる紀元前1450年頃に記された碑文がオーストラリア科学アカデミーの研究チームによって発見されました。続きを読む……
紹介アルファベットの「ミッシングリンク」を解き明かす古代の碑文が発見されるの続きを読む

光の98%以上を反射する「最も白い塗料」が開発される、白すぎて塗った物体が冷える

光の98.1%を反射する「史上最も真っ白な塗料」が、アメリカ・パデュー大学の技術者によって開発されました。光の最大99.9%を吸収する「地上で最も黒い物質」ことベンタブラックと対を成すこの塗料は、可視光だけでなく熱を伝える赤外線をも反射し、物体が日光で温められるのを防ぐため、冷房や地球温暖化対策に役立てることが可能です。続きを読む……
紹介光の98%以上を反射する「最も白い塗料」が開発される、白すぎて塗った物体が冷えるの続きを読む

微生物を「物理攻撃」で99%死滅させるナノコーティング素材が登場、薬剤耐性菌も殺せるのに人体には無害

医療ではなく工業の分野で脚光を浴びてきた素材の薄膜をコーティングすることで、病原体となるバクテリアや真菌の細胞を破壊することができる技術が開発されました。このナノコーティング技術は、抗生物質が効かない薬剤耐性菌(スーパーバグ)にも有効な上に人体には無害なため、傷口に貼る創傷被覆材や医療用器材を体内に埋め込むインプラントの素材として有望視されています。続きを読む……
紹介微生物を「物理攻撃」で99%死滅させるナノコーティング素材が登場、薬剤耐性菌も殺せるのに人体には無害の続きを読む

「がんワクチン」など今後登場が期待される3つのmRNAワクチン

人工的に複製したmRNAを用いることで免疫反応を引き起こす「mRNAワクチン」は、従来のワクチンとは異なるもので、ウイルスの遺伝情報さえあれば製造可能という利点があります。新型コロナウイルスのパンデミックに際し、人類が1年足らずでワクチンを生成することができたのは、新型コロナウイルスワクチンであるファイザーの「BNT162b2」とモデルナの「mRNA-1273」が、世界初のmRNAワクチンであった…
紹介「がんワクチン」など今後登場が期待される3つのmRNAワクチンの続きを読む

新型コロナに感染すると次に感染する確率が84%低下するという研究結果

イギリスの公立病院に勤務する医療関係者2万5000人超を7カ月間にわたって継続的に調査した結果、一度新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した場合、次に感染する確率が84%低下することが明らかになりました。続きを読む……
紹介新型コロナに感染すると次に感染する確率が84%低下するという研究結果の続きを読む

人の悲鳴には「6種類」の感情が込められていることが判明、危険を知らせる警告の声より喜びの方が優先度が高い「逆転現象」も

人間は危機が身に迫っている時など、恐怖を感じると悲鳴を発しますが、気分が高揚した時の歓声など恐怖以外の感情でも悲鳴のような声を出します。人がさまざまなシチュエーションで発する悲鳴を被験者に聞かせる実験により「人間の悲鳴に込められた感情は6つの種類に分けられる」ということが判明しました。また、危機が迫っていることを知らせる警戒の悲鳴と、そうでない悲鳴を処理している脳をスキャンした結果、専門家が予想し…
紹介人の悲鳴には「6種類」の感情が込められていることが判明、危険を知らせる警告の声より喜びの方が優先度が高い「逆転現象」もの続きを読む

子どもの免疫細胞は大人よりも新型コロナウイルスに反応しやすいことが明らかに、子どもが重症化しづらい理由の一因か

子どもの免疫細胞は大人の免疫細胞よりも新型コロナウイルスに反応しやすいことが、最新の研究により明らかになっています。続きを読む……
紹介子どもの免疫細胞は大人よりも新型コロナウイルスに反応しやすいことが明らかに、子どもが重症化しづらい理由の一因かの続きを読む

「死にゆく銀河」の写真をハッブル宇宙望遠鏡が撮影、高解像度画像はこんな感じ

あらゆるものに「死」があるように、銀河にも「終わり」が存在します。新たにNASAは、ハッブル宇宙望遠鏡が地球から約4540万光年離れた場所でゆっくりと銀河が死につつある様子を捉えたと発表しました。続きを読む……
紹介「死にゆく銀河」の写真をハッブル宇宙望遠鏡が撮影、高解像度画像はこんな感じの続きを読む

ストレスでハゲるメカニズムが明らかに

ストレスにより白髪が増えたり抜け毛が増えたりといったことがありますが、その正確な理由についてはこれまで明らかになっていませんでした。しかし、最新の研究により、髪の毛の成長を停止させる主要なストレスホルモンの特定に成功しています。続きを読む……
紹介ストレスでハゲるメカニズムが明らかにの続きを読む

宇宙から地球に毎年5000トン以上もの微小な隕石が降り注いでいる

宇宙から地球上に飛来する天体の中には、巨大な爆発により多数の重軽傷者を出した重さ570kgの隕石もあれば、サイズが1mmの数分の1以下しかない微小隕石もあります。10年以上にわたり、南極に積もった雪から微小隕石を採集した研究により、宇宙から地球上に降り注ぐ微小隕石は年間5200トンに及ぶことが分かりました。続きを読む……
紹介宇宙から地球に毎年5000トン以上もの微小な隕石が降り注いでいるの続きを読む