海外「日本の飲み物だったの!?」 知らぬ間に自国を支配していた日本の飲料に外国人が衝撃

thumbnail imageヤクルト本社が製造・販売する乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト」。1930年(昭和5年)に医学博士の代田稔氏が、「乳酸菌 シロタ株」の強化・培養に成功し、1935年(昭和10年)に福岡県福岡市で、製造・販売を開始した事に始まります。現在は38の国と地域で販売されており、海外全体で4万人以上のヤクルトレディーが存在。特にメキシコにはヤクルトレディーが8000人と、海外全体の2割を占めるまでになっています。常…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者