デブが多すぎるせいでアメリカの献体制度が破綻寸前の状況に陥っている模様、誰もあなたの体なんて欲しがりません

1:名無しさん 死後に社会に貢献する方法の1つとして、調査研究や医療従事者の訓練のために体を提供する「献体」があります。しかし、肥満大国のアメリカでは、せっかく故人が献体をする意思を持っていても、太りすぎていて役に立てる […]…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者