ピラミッド建設で物資運搬に使われたナイル川の失われた支流の手がかりが「花粉」の分析で得られる

エジプトにあるギザの大ピラミッドは、1個あたり2トンもある巨石を230万個以上も積み上げた建造物であり、紀元前2500年頃にこれほどの大規模事業を実現したことは驚異的です。近年では、かつて存在した「ナイル川の支流」を利用して資材などを運搬した説が有力となっており、新たに「失われたナイル川支流の紀元前2500年頃の水位」についての研究結果が発表されました。続きを読む……

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者