公園名物の「タコ型滑り台」の権利をめぐる訴訟が決着、馴れ親しんだ滑り台が撤去される可能性はなくなる

1:名無しさん  強い日差しが照りつけた7月下旬の日曜日。住民から「タコチュー公園」の愛称で親しまれている兵庫県赤穂市の尾崎第3公園では、真っ赤なタコの滑り台から子どもの歓声が響いていた。  足に似たスライダーを滑り降り […]…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者