都会の王者・カラスが人間との生存競争に敗北しつつあると判明、生息数の大幅な減少が確認されている

1:名無しさん 厄介者のイメージが強い東京都心のカラスが減っている。都などが対策を始めてから約20年で、3分の1以下になった。生息数の推移から透けてみえるのは、ゴミを巡る世の中の変化だ。(渋谷功太郎)  「毎朝、飲食店な […]…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者