海外「こんな進んだ国だったのか…」 江戸時代の日本の先進性に驚きと感動の声

thumbnail image今回は、江戸時代の日本のリサイクル文化に焦点を当てた投稿からで、当時の日本社会に関する、複数の関連記事がまとめられています。「江戸時代には、無駄な物はなく、捨てられる物もなかった。 例えば傘。油を塗った紙を竹の骨組みに張っていたのだが、 紙が破れたら補修したり、取り替えたりした。 骨組みが壊れたら行商人に売り、行商人は傘屋に売り、 傘屋はそれを修理して新品として売る、 というサイクルを繰り返してい…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者