二酸化炭素排出量削減のため国土の2%を風力発電に充てることをドイツが検討

2038年までに84基ある石炭火力発電所すべてを停止するなど、再生可能エネルギーへの転換に積極的に取り組んでいることで知られるドイツで、新たに、風力発電量を拡大する方針が発表されました。年間最大10GW(ギガワット)の風力発電設備拡張が計画されているほか、国土の2%を風力発電開発のために確保する新たな「陸上風力法」の成立を目指すものです。続きを読む……

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者