ディープラーニングで交通事故の発生を高精度で予測するモデルをMITが開発

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータサイエンス・人工知能研究所(CSAIL)とカタール・コンピューティング・リサーチ研究所(QCRI)の研究者が、高解像度の衝突リスクをディープラーニングで予想するモデルを開発しました。このモデルは、過去の自己データや道路地図、衛星画像などから、交通事故が起こるリスクの高いエリアを特定し、将来の事故を予測するリスクマップを作成することができます。続きを読…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者