海外「日本はよくやってくれた!」 アスリートが紹介する選手村の設備に外国人が感動

thumbnail image五輪では選手と関係者1万8000人、パラリンピックでは8000人が、大会開催期間中に拠点とする東京・晴海にある選手村。敷地面積は約44ヘクタール(東京ドーム約9個分)で、大会後には分譲マンションと賃貸マンションに転用し、エリアには公園や保育園、小中学校なども整備される予定です。選手村には、アスリートたちが生活する「居住ゾーン」、アスリートの生活を支える施設が揃う「ビレッジプラザ」、運営機能が集約さ…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者