海外「ローマ経済の一部だった」 日本の高級デパートの支店閉店にローマ市民から嘆きの声

thumbnail image呉服店を起源とする日本の老舗百貨店である三越。江戸時代前期となる1673年、現在の日本橋室町で創業し、当時は掛売り(ツケ払い)が一般的だった中で、「現銀掛値無し」など画期的な商法を次々と打ち出しました。また、現在では当たり前の正札販売を世界で初めて実現し、当時は大名や武家や富裕層だけのものだった呉服を、一般市民にも浸透させています。その後1904年(明治37年)に三井家の「三井」、そして創業時の「…

このサイトの記事を見る

投稿者: 管理者